原稿と写真を送るだけでニュースレターが出来上がる.集客できるニュースレターデザイン・編集・印刷代行サービス

ニュースレターのデザイン・編集・印刷代行サービス

ニュースレターを発行して、既存のお客様との接触回数を増やし、円滑なコミュニケーションを図りましょう。

「お客様との絆を深めたい」「お客様との敷居をなくしたい」「ニュースレターを発行したい」・・・との想いから、巡り巡ってお越しいただきまして誠にありがとうございます。

ニュースレターは、誰にでも発行できる注目の強力な販促アイテムです。
しかし、継続して発行していくとなると少しハードルが高くなり、途中で止めてしまった場合のバツの悪さも相まって導入まで一歩踏み出せない。。。そんな想いではないでしょうか。
中小企業の経営者であれば本業・マネージメントで日々忙しいのですから集客活動まで手が回らないのは仕方がありません。

そんな、日々忙しい経営者様に代わってニュースレターの発行をお手伝いするサービスが弊社の『ニュースレターのデザイン・編集・印刷代行サービス』です。
『ニュースレターデザイン・編集・印刷代行サービス』を導入して、お客様との絆をさらに深めていきましょう。
※業界最上級のサービスを目指し、日々進化してまいります。お意見ご要望は各ページに設置しているお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

新規客獲得にかかるコストは、既存客集客の5倍以上。

新規客獲得にかかるコストは、既存客集客の5倍以上

一般的に新規のお客様を集客するのにかかるコスト(CPO)は、既存客(休眠客を含む)を集客する場合の5倍以上といわれています。
例えば、フリーペーパーに50,000円の広告をかけ、新規客が5名来店してくれた場合、新規客1名あたりの新規顧客獲得コスト(CPO)は10,000円です。
それが既存客(休眠客を含む)にアプローチした場合なら、5倍換算でも2,000円で集客できるということになります。

新規客は、客単価が低い。

これも仕方のないことですが、新規のお客様は客単価が低くなってしまいます。
割引クーポン・値引きチラシなど「新規様ご優遇プラン」系でのご来店が主となるわけですから。。。どんな手段であれ、せっかくご来店いただいたお客様のハートはガッチリ掴みたいところ。そうです、ガッチリ掴みましょう。

「チラシ→来店→チラシ→来店」では、負のスパイラルに陥ります。

黙って待っていてもお客様は来店してくれませんから、チラシを配布したりフリーペーパーに広告を載せるなどの施策を施します。期待どおりか否かは分かりませんが、多少なりとも反響があり、手応えを感じていると思います。この手法がスタンダードですから、時期を決めて定期的にこの手法を行うお店がほとんどですが、これでは『お客様は来てくれるけど、儲からない』という負のスパイラルに陥ってしまいます。何故なら、新規客はCPOがかかる上、割引・値引きで来店してくる「客単価の低いお客様」だからです。
そこで、必要なことは『客単価を上げること』言い換えれば、『割引・値引き合戦ではないステージを創り出すこと』。つまり、新規客をいかにリピーターになっていただくかに尽きるわけです。

ライバル店との価格競争から抜け出す方法。

地域密着の商売は、近隣のライバル店に対して過剰なまでに意識しがちです。「あっ、あそこまた広告出してる。」「あそこフリーペーパーの枠が大きくなったな」と。もしあなたがこのようなことに対して敏感に反応してしまうなら、プレッシャーがかかり相当追い込まれている状態といえます。
起業した頃のことを思い出してみてください。きっともっと澄んだ空のような大きな夢や野望があったはずです。『あなたらしく商売をすること』これこそがあなたにとって今一番求められていることではないのでしょうか。

 商売・経営の基本は『リピート構造』を確立すること。

どの商売をしていようが、商売の基本は『リピート構造の確立』です。例えば、どんなに繁盛しているお店でも常に新規客獲得のみの活動をしていたら、とても商売繁盛店にはなれません。では繁盛店は何をしているのか?それは、まず新規客を集める→集めた新規客に対してアプローチを仕掛ける。ここまでなら誰でもやっていますが、さらにアプローチしたお客様とのコミュニケーションを定期的に取り、絆を深めているのです。

あなたが『安心』を与えない限り、お客様は割引クーポン・値引きチラシなどの『新規様ご優待プラン』を追い続けます。

基本的には『お客様はあなたから安心を買いたい』のです。安さだけを求めるお客様も当然おりますが、安心できるお店が見つからないから価格で選ぶのです。逆の立場(あなたがお客様の立場)で考えれば見えてくる話です。「知り合いだから安心できる。」「私のこと(肌質・髪質など専門的な部分)を知っているから安心できる。」あなたは、お客様に『安心』を与えることを第一に考えるべきなのです。
※ここではメンタル的な「安心」ついて触れています。技術的な安心は大前提として必要なのは言うまでもありません。

既存のお客様をもっともっと大切にしましょう。

経営者は、新規客についつい目が行きがちですが、お金を生み運んでくれるのは既存のお客様です。リピーターなのです。もっと既存のお客様に目を向け、安売りではない『あなたにしかできないサービス』を構築していきましょう。

『安心』を与えるためにできることとは?

お客様に安心を与えるには、初めての来店時にいかに接するかが勝負となります。しかし残念ながら、どんなに優秀なコミュニケーション力をもってしても安心を与えることは容易ではありません。その理由は簡単で、「安心を与えるには余りにも時間が足りない」からなのです。よく言われる接触回数です。ですから、初めてのお客様には、「うん!この店良い感じ」という印象を持っていただければ十分です。
では、「良い感じ」から「安心」を与えるにはどうすればいいのでしょうか。先程も触れましたが、その答えは「接触回数」です。とはいえ、スーパーマーケットじゃあるまいし頻繁に来店してくれるわけではありません。そこで接触回数を補ってくれるツールが、『ニュースレター』なのです。スタッフの紹介や専門知識、そしてみんなが共有できる楽しいネタを定期的にお客様にお届けするのです。そうすることによって、「うん!この店良い感じ」と抱いていただいたあの時の記憶が消えることなく次回来店へと繋がっていくのです。

PAGETOP